横浜の弁護士による不倫・慰謝料請求相談なら

不倫の慰謝料請求相談

初回相談1時間無料

045-594-7500

24時間Web予約
受付中

横浜の弁護士による不倫・浮気の慰謝料請求

相談者の話に丁寧に耳を傾け、あなたの強い味方となります

横浜駅より徒歩5分
迅速な対応の徹底
すべての事件を弁護士2人で対応
弁護士ドットコム神奈川県で1位を獲得(2018年11月)

面談・ご相談時のコロナウイルス対策について

コロナウイルス対策として、「手洗い・うがい・アルコール消毒の徹底」「相談室(会議室)の清掃・除菌・換気の強化」「マスク着用および健康管理」「混雑する時間帯を避けた時差出勤」を実施しておりますので安心してご相談くださいませ。

相談料は無料!まずはあなたの悩み・不安をお気軽にご相談ください。

横浜シティ法律事務所では初回相談を60分無料で行っています。
丁寧にお話を伺い、今後の見通しやそこに至るまでの道筋をわかりやすくお伝えいたします。
まずは話だけ聞いてみたいという方も、既にご依頼を検討されている方も、お気軽にご相談ください。

弁護士に依頼して良かった!横浜シティ法律事務所がこれまでに解決した事例

解決事例

40代男性

交渉開始から1週間で慰謝料300万円を内容とする示談書を締結

妻と同僚との不倫が発覚したため,慰謝料を請求したいというご相談でした。 不倫の内容としては,不倫相手の家に何度も宿泊して入り浸り...

50代女性

慰謝料として400万円を獲得できた事例

夫の長期にわたる不倫が発覚し,離婚と慰謝料の請求を求めた事例。相手は当初不倫の事実を認めず,言い訳まがいの言葉などを述べていたが...

20代女性

慰謝料を支払わずに離婚できた事例

ご依頼者様は,不倫相手とラブホテルに出入りする写真を探偵に撮られて不貞が発覚してしまい,夫の弁護士から慰謝料と離婚を請求されてご...

30代男性

慰謝料を510万円減額することに成功

職場の女性と不倫をし、そのことが原因で離婚となってしまい慰謝料請求をされた事案。 お互いに弁護士を入れて交渉を進めたが、相手の請...

解決事例を
全て見る

慰謝料請求する側の弁護士に依頼するメリット

①当事者同士の交渉によるトラブルやストレスからの解放

当事者同士で慰謝料のお話をした場合、相手が誠実に対応をしてくれなかったり、連絡を無視されることもあります。また、配偶者の不貞の事実を知ってショックとストレスを抱えながら、不倫相手と直接交渉をするのは精神的にも大きな負担がかかります。弁護士に依頼した後は、相手方との連絡の窓口は弁護士となりますので、相手方と交渉するストレスから解放され、当事者同士のトラブルの心配もなくなります。

②適正な慰謝料を請求できる

不倫慰謝料は、不倫の期間、夫婦関係の円満度、不倫により離婚に至ったかどうかなどさまざまな事情から総合的に判断されます。そのため、ご自身がどの程度の慰謝料を請求できるのかを事前に知っておかなければ、適切に交渉をすることは困難です。こうした前提知識を持たずに交渉をしたことで、本来請求できる慰謝料よりも低い金額での合意に応じてしまったり、逆に法外な金額を請求して話し合いがこじれてしまったりする可能性もあります。弁護士を入れることで、ゴールを見据えて戦略的な交渉を行うことが可能となり、適正な慰謝料の請求をすることができます。

③争いが蒸し返される心配がなくなる

弁護士が作成した不備のない示談書を取り交わすことによって、争いが蒸し返されることがなくなり、終局的に事件を解決することが可能となります。

慰謝料請求された側の弁護士に依頼するメリット

①当事者同士の交渉によるトラブルやストレスからの解放

弁護士に依頼した後は、相手方との連絡の窓口は弁護士となりますので、当事者同士の交渉によるトラブルの心配がなくなります。

②適正な慰謝料額への減額

不倫の慰謝料は、不倫の期間、そのときの夫婦関係、離婚に至ったか否かなどの様々な事情により、金額が大きく異なります。しかし、慰謝料請求をする側がそうした事情を考慮せずに、高額な慰謝料を請求してくるケースも多くあります。横浜シティ法律事務所では、多くの不倫慰謝料事案を解決した実績に基づいて、裁判となった場合の見通しを踏まえ、適正な慰謝料額を判断し、その上で、戦略的に適正な慰謝料額への減額交渉を行わせていただきます。

③終局的な示談

不倫慰謝料の交渉では、最終的に示談書等の書面を作成することが望ましいです。示談書を取り交わしていない場合や、示談書の内容に不備があった場合、後になって争いがぶり返されてしまうことも少なくありません。豊富な経験を有する弁護士が間に入ることで、話し合いの内容をまとめた適切な書面を作成し、紛争の終局的な解決を図ることが可能となります。

当事務所が選ばれる理由

横浜駅から徒歩5分。アクセスが便利な法律事務所です。2名の弁護士が在籍し、多角的なアドバイスで男女の離婚問題を解決します。

  • 横浜駅より徒歩5分
    土日、平日夜間も相談可能

    横浜駅より徒歩5分とアクセスのいい立地にございます。事前にご予約をいただければ、当日、土日、夜間の相談も受けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

  • 迅速な対応の徹底
    スピード解決を図ります

    迅速な対応をすることで、早期の事件解決を実現いたします。依頼者様とのコミュニケーションを円滑にするため、こまめな連絡・報告も徹底して行っております。

  • すべての事件を弁護士2人で対応
    多角的な視点でアドバイス

    全ての事件に弁護士2名体制で対応をさせていただいております。経験豊富な弁護士の連携により、多角的な視点から事件を見ることが可能となり、最善の結果を出すことにつなげております。

事務所紹介を見る

コラム

1 はじめに 不貞相手に請求できるものは慰謝料以外にはないのでしょうか。例えば,調査のために探偵費用を支払った場合や,慰謝料を請求するのに弁護士に依頼した場合の費用,精神的ショックによる通院費用など不貞の発覚によりかかる費用には様々なものがあります。 本コラムでは,法律上,不貞相手に対してどのような名目の費用が請求できるか,またいくらまで請求が認められるのかを解説をしていきます。   2 探偵費用 ...

1 はじめに 女性から突然「結婚を前提に付き合ってほしいと言われたから交際していたのに,既婚者だったと知りました。既婚者だと知っていたら交際していなかった。私を騙したことについて慰謝料を請求します。」という手紙が自宅に届いて,夫が浮気していたことを知ったというご相談を受けることがあります。 また,夫の不貞相手に慰謝料請求をしたら,不貞相手から「私は彼から独身だと聞いていた。慰謝料を請求されて初めて既婚者だと知った。私は ...

1 はじめに 配偶者が不貞行為をした場合,法律上の権利に基づいて,配偶者に対し,慰謝料を請求することができます。 そして,一旦交わした合意(契約)は,強迫された場合などを除き,取り消すことができないのが通常です。 しかし,夫婦間の契約については,民法上特殊な規定があります。それは,民法第754条に規定されている夫婦間の契約の取消権というものです。 この条文は,「夫婦間でした契約は,婚姻中,いつでも,夫婦の一 ...

1 はじめに 慰謝料を支払わない場合,本来の慰謝料の他に遅延損害金が発生します。 遅延損害金については,こちらのコラム【慰謝料の支払いが遅れた場合に発生する「遅延損害金」とは】でも解説しておりますが,今回は遅延損害金がいつから発生するのか(遅延損害金の起算日)について,横浜シティ法律事務所の弁護士が詳しく解説いたします。     2 遅延損害金はどういうときに発生する? (1)示談後 ...

コラムを
見る

慰謝料請求の無料相談のご予約はこちら

60分無料相談実施中!