不倫って違法なの? |横浜の弁護士による不倫・慰謝料請求相談なら

不倫の慰謝料請求相談

初回相談1時間無料

045-594-7500

24時間Web予約
受付中

不倫って違法なの?

1 不倫に関する相談の増加

昨今,ニュースで芸能人の不倫が大きく取り上げられる機会が増えているようです。
不倫は男の甲斐性という考え方も昔はありましたが,時代の流れとともに「不倫は許せない」という声が大きくなっているのではないかと感じます。
当事務所でも,不倫に対する慰謝料のご相談や,不倫を原因とする離婚のご相談が増えてきております。

 

2 不倫は違法なの?

自分の配偶者が不倫をしているとわかったら,慰謝料を請求することができます。
この慰謝料は,民法上の不法行為責任に基づいて,法的に請求することができるものです。
つまり,不倫とは,不法行為に該当する違法なものなのです。
どこに違法性があるかというと,不倫は,法律上保護される家庭の平穏を壊すものであるという点です。

 

3 不倫相手も違法なの?

結論から言うと,不倫をした配偶者だけではなく,不倫相手の行為も違法です。
なぜなら,不倫は一人でするものではなく,二人でするものであり,二人でした行為でもって,家庭の平穏を壊すものだからです。
不倫相手の人も,結婚している人であることを知っていたのであれば,不倫の発覚によって家庭の平穏を害することはわかるでしょう。
そのため,不倫相手も連帯して責任を負う必要があるのです。

 

4 不倫に刑事罰はない

たとえば,人に暴力を振るった場合,民法上の不法行為責任を負うだけではなく,刑法に刑事罰も規定されております。
しかし,不倫に関しては,刑事罰は規定されておりません。
上記で不倫は違法なものであると述べましたが,それはあくまでも民法上の話です。
不倫は犯罪ではないのです。
したがって,不倫をしても,罰金刑になったり,懲役刑になることはありません。
もちろん,警察に逮捕されることもありません。

しかし,過去には不倫に刑事罰が規定されておりました。
それは,戦前の「姦通罪」というものです(1947年に廃止)。
姦通罪とは,夫のある妻が,他の男性と不倫をした場合に,妻と不倫相手の男性について成立する犯罪です。
今の価値観とは相容れないですが,夫は不倫をしても犯罪ではなく,妻だけが犯罪だったのです。
戦前は,夫が妾(妻以外の女性)を持つことは財力のある証であり,一般的なことという価値観だったようです(当時の総理大臣も堂々と妾を囲っています)。

なお,外国では,現代でも不倫が犯罪とされているところがあります(アメリカの一部の州や,イスラム圏の国など)。

 

5 不倫が発覚したら

不倫が発覚した場合,当事者間では冷静な話し合いが難しいことも多いです。
そのようなときは,弁護士にお気軽にご相談ください。
横浜シティ法律事務所では,不倫問題に精通した弁護士がご相談をお受けさせていただきます。

その他のコラム

夫婦仲が悪い・離婚を考えていると聞いて不倫、慰謝料は発生する?

1.はじめに 不倫相手が既婚者であることを知りつつも,「もう離婚を考えている」などという話を信じて不倫してしまう方も少なくありません。 相手家族にはもう夫婦としての関係性がないと信じて不倫をした場合,それでも慰謝料を払わなければならないのでしょうか?   2.婚姻関係破綻後の不倫については慰謝料が発生しない なぜ不倫をした場合に慰謝料の支払い義務が生じるかを簡単にというと,夫婦には夫婦生活の平和の維持を...

詳細を見る

不倫相手に対する高額の不倫慰謝料が認められるのはどんな場合?

1.はじめに 配偶者が不倫をしていたことが発覚した場合、できるだけ高額の慰謝料を不倫相手に請求したいと考える方は少なくありません。ただ、弊所の別のコラムでも紹介したとおり、不倫慰謝料の相場は一般的には50万円〜300万円などと言われています。この金額を低いと感じる方は少なくないでしょう。 一方で、この相場よりも高額の慰謝料が認められた裁判例も存在しています。 今回のコラムでは,不倫相手に対する高額の慰謝料が認めら...

詳細を見る

子供から親の不倫相手に対して慰謝料請求はできるか

1 子供から不倫相手に慰謝料請求できるの? 昔から、不倫は家庭の平穏を壊すものとされてきました。不倫された方は、家庭の平穏が壊され精神的苦痛を受けるという形で被害を受けるため、不倫相手に対して慰謝料を請求することができるとされています。 それでは、夫婦の間に子供がいた場合はどうでしょうか。子供も不倫によって家庭の平穏を壊され、被害を受けているといえそうです。 子供は親の不倫相手に対して慰謝料請求ができるのでしょう...

詳細を見る

夫婦間で不倫慰謝料を支払う合意は取り消せる?

1 はじめに 配偶者が不貞行為をした場合,法律上の権利に基づいて,配偶者に対し,慰謝料を請求することができます。 そして,一旦交わした合意(契約)は,強迫された場合などを除き,取り消すことができないのが通常です。 しかし,夫婦間の契約については,民法上特殊な規定があります。それは,民法第754条に規定されている夫婦間の契約の取消権というものです。 この条文は,「夫婦間でした契約は,婚姻中,いつでも,夫婦の一...

詳細を見る

慰謝料を支払わない場合,どうなるの?

1 はじめに 不貞行為が発覚し,慰謝料の支払いを内容とする示談書を締結した場合,請求者側(債権者)であれば,もし約束どおり支払われなければどうしたらよいかは気になる問題です。 また,請求を受けた側(債務者)であれば,慰謝料を支払わないとどうなるか,不安な点があるかと思います。 今回のコラムでは,慰謝料を支払わないとどうなるかについて,主に強制執行に関することを,横浜シティ法律事務所の弁護士が解説いたします。 ※慰謝...

詳細を見る

慰謝料請求の無料相談のご予約はこちら

60分無料相談実施中!