不貞慰謝料請求で調停を申し立てられたらどうすればいい? |横浜の弁護士による不倫・慰謝料請求相談なら

不倫の慰謝料請求相談

初回相談1時間無料

045-594-7500

24時間Web予約
受付中

不貞慰謝料請求で調停を申し立てられたらどうすればいい?

1 はじめに

不貞慰謝料請求(不倫慰謝料請求)では,示談で話がまとまらない場合,一般的には調停ではなく訴訟(裁判)に進みます。

離婚と違って調停前置主義(訴訟の前に調停をしなければならないという法律のルール)はないですし,通常は示談交渉の段階で話し合いはそれなりに尽くされているからです。

 

そのため,浮気がバレて慰謝料について話し合っていたら調停を申し立てられたという場合,「どうして裁判ではなく,調停にされたのだろう?」と思われるかもしれません。

そこで,本コラムでは,調停を申し立てられた理由や,調停の対応の仕方について,横浜シティ法律事務所の弁護士が解説いたします。

 

なお,そもそも調停とはどんなものなのかについては,こちらのコラム「調停とは?調停官とは?調停委員とは?」をご参照ください。

 

2 調停を申し立てられた理由

調停を申し立てられた理由としては,以下のようなものが考えられます。

 

①話し合いで解決したいため

訴訟(裁判)というと世間で騒がれるような大事件のようなイメージを持つ方も多く,おおごとにしたくないという方が調停を申し立てることがあります。

特に,示談交渉段階で連絡を無視してしまったという場合には,いきなり裁判にせずにまず話し合いたいということで,調停を申し立てたということが考えられます。

 

②プライバシーに関することであるため

裁判は公開の場で行われます。傍聴人という見学者も来ますし,友人が見に来ることも可能です。

他方,調停は非公開の場で行われ,調停委員にも守秘義務があります。

そのため,配偶者が不倫したことを世間に知られたくないというプライバシーの観点から調停を選択される方もいるようです。

 

③早く終わらせたいため

民事調停は概ね3ヶ月程度で成立するとされており,通常半年以上かかる裁判に比べて解決が早い傾向があります。

そのため,早く解決したいということで,裁判ではなく調停とする方もいらっしゃるようです(ただし,必ず3ヶ月程度で終わるというわけではなく,半年以上かかるケースももちろんありますし,調停が成立しなければ結局裁判となってしまいますから,調停にしたがために余計に長引いてしまったということもあり得ます)。

 

④弁護士に依頼していないため

弁護士に依頼すると費用がかかる等の理由から弁護士に依頼せずに請求を行う方もおります。

裁判は弁護士に依頼せずに行うことが難しい手続きであるため,調停なら自分一人でも何とかできそうと思って調停を申し立てる方もいらっしゃるようです。

 

⑤裁判で勝つ自信がないため

裁判では証拠がなければ勝つことは困難です。証拠が弱くて裁判で勝てるかどうかわからず,まずは話し合いで解決できないか試してみようということで調停を選択したということもありえます。

 

3 調停期日には行った方がいい?行かないとどうなる?

調停が申し立てられると,裁判所から「調停期日に来てください」という呼出状があなたの元に届きます。

その期日には行った方がいいのでしょうか?それとも行かなくても大丈夫なのでしょうか?

 

①調停に行くメリット

調停に行った場合,調停委員を通して,不倫慰謝料に関するあなたの考えや意向を相手方に伝えることができます。

当事者間では感情的になってしまってまとまらなかった話も,調停委員を通すことで調整可能となり,話し合いが迅速にまとまることもあります。

なお,調停当日は,調停委員を通して,お互い顔を会わせないかたちで話し合いを進めることができます。

 

②調停に行かないとどうなる?

調停に行かない場合にどうなるかというと,もう一度くらい裁判所から呼出状が届き,それでも行かなければ,話し合いが不可能ということで調停は不成立となります。

不成立ですから,慰謝料●●円支払えと裁判所から言われるわけではなく,その意味では不成立となっても大きな問題はないともいえます。

しかし,調停が不成立となった場合,慰謝料を請求したい側から訴訟を提起してくる可能性が高いです。

したがって,あなたも裁判ではなく調停で不倫慰謝料請求を解決したいという場合には,調停には行った方がいいということになります。

 

行きたいけれども,日程や体調の都合で行けないという場合には,不成立になってしまうことを防ぐため,事前に裁判所に連絡を入れておくことをおすすめいたします。

 

なお,裁判所に連絡も入れずに調停を欠席する場合のリスクとしては,上記のように調停が不成立となって裁判に進んでしまうおそれがある他,「5万円以下の過料」に処されるおそれがあります(民事調停法第34条)。

 

4 調停を申し立てられたら

調停を申し立てられた場合,訴訟も見据えて調停での対応を決めていく必要があるため,なるべく早めに弁護士にご相談に行かれることをおすすめいたします。

調停を欠席するだけでなく,訴訟まで欠席してしまうと,欠席裁判といって基本的には相手の言い分が認められて,慰謝料の支払いが命じられることにもなってしまいます。

 

横浜シティ法律事務所では不貞慰謝料請求について経験豊富な弁護士が在籍しております。初回のご相談は無料でお受けしておりますので,慰謝料請求を検討中の場合にはまず一度ご相談ください。

その他のコラム

不動産,給与,預貯金,動産の差し押さえ

1 はじめに 判決等で決まった慰謝料や,公正証書で合意した慰謝料について,相手方(債務者)が支払わない場合,慰謝料を回収するために,債権者は強制執行をすることが可能です。 なお,公正証書ではない示談書しか交わしていない場合でも,一旦裁判をして判決等をもらえば強制執行ができるようになります(示談書に問題がなければ,基本的には示談書の内容をもとに判決がされます。)。 一口に強制執行と言っても,複数の方法があります。今回の...

詳細を見る

相手方の財産を開示させる手続き②(第三者からの情報取得手続)

1 はじめに 示談や裁判をして慰謝料を支払ってもらえることになったのに,相手方が支払ってこないという場合には,裁判所の強制執行手続を検討することになります。 しかし,強制執行をするには,何を差し押さえるか特定して行う必要がありますので,相手方がどのような財産を持っているかわからないと,強制執行をすることができません。 そこで,日本の民事執行法では,「財産開示手続」という制度が用意されております。この手続につきまし...

詳細を見る

不貞行為の「遅延損害金」はいつから発生する?

1 はじめに 慰謝料を支払わない場合,本来の慰謝料の他に遅延損害金が発生します。 遅延損害金については,こちらのコラム【慰謝料の支払いが遅れた場合に発生する「遅延損害金」とは】でも解説しておりますが,今回は遅延損害金がいつから発生するのか(遅延損害金の起算日)について,横浜シティ法律事務所の弁護士が詳しく解説いたします。     2 遅延損害金はどういうときに発生する? (1)示談後...

詳細を見る

夫婦仲が悪い・離婚を考えていると聞いて不倫、慰謝料は発生する?

1.はじめに 不倫相手が既婚者であることを知りつつも,「もう離婚を考えている」などという話を信じて不倫してしまう方も少なくありません。 相手家族にはもう夫婦としての関係性がないと信じて不倫をした場合,それでも慰謝料を払わなければならないのでしょうか?   2.婚姻関係破綻後の不倫については慰謝料が発生しない なぜ不倫をした場合に慰謝料の支払い義務が生じるかを簡単にというと,夫婦には夫婦生活の平和の維持を...

詳細を見る

慰謝料請求の期限までに回答ができない場合の対処法

1 はじめに 不貞の事実が発覚し慰謝料請求を受けた場合、通常その通知書には「●月●日までにお支払いください」「●月●日までにご回答ください」といった期限が設けられています。 しかしながら、突如として慰謝料の請求を受けた場合、今後の対応を検討するために弁護士に相談したり、お金を用意したりと、期限までに回答できない、入金が間に合わないという方も少なくありません。 期限までに入金や回答ができない場合どのような不利益があるのか、...

詳細を見る

慰謝料請求の無料相談のご予約はこちら

60分無料相談実施中!